茶髪によるダメージはM字はげのトリガーになるんです

茶髪によるダメージはM字はげのトリガーになる話しについての解説です。

 

見かけを整えたいという目的で、茶髪にすることは、人によっては良くあります。もし茶髪にすると、それだけで若返ったような気持ちになります。しかし、茶髪はM字はげをもたらすことになるし、場合によっては治療だけで時間や手間が非常にかかることになります。

 

茶髪によるダメージに関しては、どちらかというと軽視されてしまいがちなのですが、実際にきちんとケアをすることによって、本質的な問題点が見えてくるという一面もあります。では、茶髪によって髪の毛がどのように変化するのでしょうか。

 

まず、髪を染める時に使用する薬剤ですが、これはいわゆる合成剤となります。色々な化合物が含まれていることですし、それぞれの化合物が髪の毛に何かしらの害を与えているのです。
また、この薬剤が髪の毛に浸透する際の刺激も、非常に強いのです。そしてその刺激が髪の毛に対して与えられることになると、髪の毛の質も変化が生じることになります。

 

例えばですが、髪の毛の太さが細くなったりとか、髪の毛が持っている張りがなくなってしまうことも良くあります。もし髪の毛の状態がそのような状態に変化をすれば、この段階で抜け毛が生じてくることになります。

 

茶髪にする際は、1回ぐらいなら特に問題がないと感じるかもしれないですが、1回目でも髪の毛を傷める行為をしているのです。もちろん、2回目や3回目ともなれば、それだけ髪の質が下がっていくのは、当然ですが言うまでもありません。

 

茶髪によるダメージは、M字はげの原因になりやすいという事実について理解できましたか。もし、今、自分は茶髪にしているということであれば、黒髪に戻し、M字はげの原因を少なくするようにしてはいかがですか。